神戸市西区で犬・猫・ウサギ・小鳥・ハムスター等の小動物を診察をおこなうグリーンペットクリニックです。

グリーンペットクリニック

〒651-2273 神戸市西区糀台5-6-1 プレンティ2番館609

078-997-1115

[平 日]AM9:00〜12:00・ PM16:00〜19:00
[最終受付]午前診は11:45まで 午後診は18:45まで

[休診日]火曜日 ※土日祝も通常通り診察をしております。

facebook

ブログ

スタッフブログ

2018.09.05
愛犬ビックの歯石取り~その1~

こんにちは。看護師の鳴瀧です。

昨日の台風、みなさんは大丈夫でしたか?

先日、麻酔をかけて愛犬の歯石除去をしました。

8歳(シニア)オスのパピヨンのビック君です。

普段のデンタルケアは、ときどき歯ブラシと歯石が気になりだしてから病院用のデンタルガムを与えてました。

歯ブラシは嫌がるので苦戦しながらやっていました。

歯石除去をしたきっかけは、とくに口臭とかはなく前歯などはすごく綺麗だったんですが、奥歯に歯石がたまり、歯茎がやや赤くなっていたからです。

シニアにも入り、麻酔のリスク、早めに歯の状態をよくしてあげようと考え処置を行いました。

わたしたちがいつもしている麻酔前から麻酔~歯石除去の流れをざっくり紹介します

【麻酔前~麻酔】

まず、今年から導入した手術当日に①リキッドを飲みました。

__bbbbbbb

↑リキッドを飲んでいる動画です

ビック君は美味しく飲んでくれました。

リキッドのおかげで空腹時のイライラがなかったです。笑

一緒に出勤し、午前中に術前の血液検査をおこないました。

(年齢、病歴により血液検査項目は変わります。)

検査に問題がなかったので外来の患者さんが止まる時間に処置を開始しました。

全身の状態をよくするため、③静脈点滴をしながら麻酔に入りました。

 

 

 

【麻酔~歯石除去】についてはまた後日更新します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一覧へ戻る