神戸市西区で犬・猫・ウサギ・小鳥・ハムスター等の小動物を診察をおこなうグリーンペットクリニックです。

グリーンペットクリニック

〒651-2273 神戸市西区糀台5-6-1 プレンティ2番館609

078-997-1115

[平 日]AM9:00〜12:00・ PM16:00〜19:00

[休診日]火曜日 ※土日祝も通常通り診察をしております。

facebook

ブログ

スタッフブログ

2019.12.29
グリーンペットクリニックの新しい仲間

こんにちは。動物看護師の秋永です。

師走も残すところあと二日。皆様はご家族の動物達とどうお過ごしでしょうか。

来客時に吠えたり、大掃除の邪魔をしてきてため息をつかされたりする一方で、仕事を終え家に帰ると出迎えてくれる動物達の嬉しそうな顔に心が癒される事も多いかと思います。

そんな動物たちがこのグリーンペットクリニックにも4頭いたのですが、この秋の暮に新しい仲間が増えました。

(写真1)

雑種猫 さくら(二代目)です!!

※大掃除のグッズの上に寝そべってお邪魔猫中。

なぜ二代目かといいますと、6年前に亡くなった当院の先代猫様に瓜二つのお顔立ちをされているため、院長先生が一目見て「さくっ!!」と感激されたからです。

 

事の発端は10月の終わり頃、私が仕事から帰宅する道程の出来事でした。街灯の薄明りの下に綺麗な白い毛並みの幼い猫が一頭、こちらに向かって歩いてきました。目が合った瞬間は数秒固まってしまったのですが、すぐにこちらに駆け寄ってきて、あろうことか私の足にしがみつき甘えた声で鳴き出したのです。とても人に慣れている行動です。やはり動物病院で勤務しているから色々な動物の匂いが付くのかな?と思いながら「お家に帰りなさいよ」と引き離しはしましたが、どう頑張っても駆け寄って付いてきます。私も走って逃げましたが、そこは猫、私の足では敵いません。飛びついてカバンの中に潜り込まれたところで私はため息をつき、仕方ないなと病院へ連れて行きました。

朝になって院長先生がさくらを見て感激されたときに「もしかするとこの子も先生の所に連れて行って欲しかったのかな?」と小さなご縁を感じ、今に至ります。

(写真2)

連れてきたときは2.9㎏だったのに、気が付いたら3.6㎏!あっという間に先住猫のうめちゃんを超えてしまいました。丸まって眠る姿はおもちの様で、最近は紙袋に突入するのがマイブームとなっています。

まだまだやんちゃなので皆さんにお会いできる機会は少ないかもしれませんが、Pちゃん、Qちゃん、だいごろう、うめちゃん、そしてさくらを来年もよろしくお願い致します!

  • 一覧へ戻る